歯医者さんに通う周期はどの位がいいのか

歯医者さんは行ったほうが良い?そのタイミングや意味について考えてみよう

定期検診では実際に何をするのか

虫歯のチェックと歯茎の状態の検査

歯科定期検診でまず行われることは、全体的なチェックです。
これは歯科衛生士が行う場合が多く、虫歯のチェックと同時に歯周ポケットの深さも測ります。
この時虫歯があれば、もう一度歯科医師がチェックし、次回治療の予約を取って終了というパターンになります。
虫歯はないけれど歯周ポケットが深くなってきているということであれば、その場は歯のクリーニングのみ行い、状態により次回から歯周病治療をすることもあります。
虫歯も歯周ポケットの深さも問題なければ、その場で簡単な歯のクリーニングを行い、次回は3〜4ヶ月後の定期検診を勧められることでしょう。歯石や着色汚れが目立つ場合は、もう一度くらい歯のクリーニングの予約を勧められることもありますが、一回か二回で終了しますし痛みがないのであんしんです。

セルフケアのアドバイスと歯石除去

歯科定期検診では、歯の検査やクリーニングをしてもらうだけではなく、自宅での磨き方について指導を受けることもあります。
磨き残しや着色汚れが目立つ方には、特に念入りに指導が入ることでしょう。染め出し液を使って、どんなところが磨けていないか患者さんに実際に見てもらい、鏡をみながら歯磨きをしてもらうという風に指導を受けます。
定期検診で歯のクリーニングはしますが、やはり自宅での歯磨きを丁寧にしないと、すぐに歯石になり、それが虫歯の原因になるからです。
歯磨きが雑でも、虫歯にならない人がいますが、そういう方は歯石が溜まりやすく歯周病になりやすいと言われています。
歯が痛くなくても歯科定期検診を受けたほうが良いというのは、虫歯の早期発見はもちろんですが、歯周病の進行を防ぐ為というのも大きい理由だと思います。