歯医者さんに通う周期はどの位がいいのか

歯医者さんは行ったほうが良い?そのタイミングや意味について考えてみよう

  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

理想としては3ヶ月から半年に一度くらい

歯科定期検診は受けたほうが良い、ということはよく耳にされるかと思います。 そしてそれはその通りで、受けておけば虫歯の早期発見が出来て歯周病の予防も出来る、と良いことづくしなのです。 しかしそれでも歯科定期検診を受ける方ばかりではないのは何故なのでしょうか? 続きを読む

何故定期検診を受ける気になれないのか

歯科定期検診はどれくらいの間隔で受ければ良いのかと言われれば、歯の状態にもよりますが、大体3ヶ月から半年に一度くらい通うのが理想です。
虫歯ではなくても虫歯になりそうな歯がある場合や、歯周ポケットが少し深くなってきているなど、気になる症状がある場合は3ヶ月ごとにチェックするのが妥当なところでしょう。
特に何も問題がない場合でも、半年に一度は歯科医院で歯の全体的なチェックをしてもらったほうが安心です。
日本人は欧米と比べると歯に対する意識が低めで、歯並びの悪さや噛み合わせの悪さはあまり気にしない傾向があります。しかしそれらを放っておくことは、虫歯や歯周病のリスクを高くするということになるので、せめて歯科定期検診は受ける習慣をつけておいたほうが良いでしょう。
では何故歯並びや噛み合わせの悪さが虫歯や歯周病を悪化させるのかと言えば、例えば歯が重なって生えていたりすると、その重なった部分はどうしても磨きにくくなる為、磨き残しが増えて歯垢がつきやすくなります。そうすると、そこから虫歯菌や歯周病菌が発生し、虫歯や歯周病になってしまうというのがお決まりのパターンと言えるでしょう。
歯科医師としては、矯正治療をして虫歯などの原因の根本から治していきたいところだと思いますが、矯正治療は高額の為、本人の希望がない限りはそうそう強くは薦められません。
ですからせめて、定期的に歯のチェックをして、虫歯や歯周病にならないようにする為に、定期検診を薦めるのだと思います。

おすすめリンク

定期検診では実際に何をするのか

歯科定期検診に行ったほうが良いのだろうけれども、歯科検診では一体何をされるのか、不安に感じる方もあるかもしれません。 実際はそれほど特別なことはしないので、安心して受診されて大丈夫です。 歯科医師か歯科衛生士にお口の中の状態を診てもらうだけで、虫歯があってもその日に治療ということはないと思います。 続きを読む

定期検診を受けてきた人と受けてこなかった人の歯の残存率の違い

定期検診を受けている人と受けていない人では、80歳くらいになってからの歯の残存率にかなりの差が出てくるそうです。 自分の歯が無くなれば義歯を作れば良いと考える方もいるかもしれませんが、自分の歯と義歯とでは、食事の感じ方にかなりの差が出てくることは覚えておいた方が良いと思います。 続きを読む